借入先リストを作る

まず最初に、借入先リストを作成していきましょう。借入先リストとは住宅ローンやカードローンなどで借り入れしている会社をリストにしておくことです。
「書かなくても解る」と思う方にとっては面倒な作業かもしれません。しかし、借金をスムーズに返すために最も必要なのは「今自分がどのくらい借金をしているか」という現実を知ること。
きちんと借金の返済を完了させている人の殆どは借り入リストを作成している傾向があります。ここではどんな借入先リストを作成すればスムーズな返済に繋がるのかアドバイスしましょう。

リストは紙でもパソコンのワード、エクセルでも構いませんが、毎月確認するのに適した環境(見やすい、確認しやすいなど)を優先することです。
記入することは「借入先名」「借りた理由」「借りた金額」「月々の支払い額」「終了予定月」の5点を基本に、自分が書き留めたいことを毎月記入して下さい。そうすることで毎月の収入からどのくらいの支出が出るか把握できて、使いすぎや無駄遣いを予防することが出来ます。

1番効果的なのは最後に「残額」を記入すること。無駄遣いせず借金を増やさない月は前の月と比べ金額に変化が生じ、達成感と返済意欲が湧いてくるのです。

皆さんは自分の借入額をきちんと把握してますか?早く返済を完了させたいと悩んでいる方は、この機会に借入先リストを作成してみましょう。
また、借入期間が5年以上で金利が18%以上の返済を続けている人人は、過払い金の返還ができる可能性があります。借金の額が大きくなりすぎてしまい一人では手に負えなくなってきた場合は、法律事務所などに相談してみるのもいいでしょう。

参照ページ≪無料で債務整理・借金返済の相談ができるアディーレ法律事務所